wallpaper-577467




1 名前:教養の無い人間1:2010/10/24(日) 16:47:12 0

なんで人間に教養が必要なんでしょうか。
ってかそもそも教養って何でしょうか?



3 名前:考える名無しさん:2010/10/24(日) 17:33:56 0

>>1
マジレスすると教育をして社会の奴隷にしておかないと
無法者が跋扈し皆が好き放題やりたい放題の世の中になってしまい
モラルもルールもクソもなくなってしまう

なので教養は特に嗜好品レベルの話だが
教育は必要なのです



4 名前:教養の無い人間1:2010/10/24(日) 17:52:30 0

>>3
なるほど。ありがとうございます。
それでは、教育は必須だが、教養は無くても良いということですか?



5 名前:教養の無い人間1:2010/10/24(日) 17:53:59 0

某知恵袋から

以前どこかに教養とはその人が学習して得た知識を全て取っ払った後に残るもの、、、みたいなことが書かれてあってなるほどなぁと妙に納得したことがあります。
学習して知識として得たことは忘れても 身に付いたものを練り上げ辞書にある言葉でなくその人の品性、感性による言語で語られたとき 人はその人を教養人と見なすのかも知れません。
知識だけをひけらかして得意満面の輩を教養人とは言えない、ということを悪魔の辞書よろしく揶揄した文言かも知れませんね。 人格が備わってない人の持つ「教養」は言わば豊満な知識の貯蔵庫に過ぎないということでしょうか。

人間にとって、教養こそが人間を人間たらしめる必須アイテムだと思います。 要は知識の多少、そのカテゴリーに限らず 如何に知識として得たことを熟成させ、それでもって人間形成を図れたかに人としての生涯の目的の一端があるようにも思われます。

知識すらろくにため込みもせず教養なんて端っから無縁の私が申し上げるのも笑止千万ですが お聞きとどけ頂けましたら有難いです。


末筆ながらあれこれ考えさせて頂きました機会を与えて頂き有難うございました。



7 名前:考える名無しさん:2010/10/24(日) 18:05:49 0

日本では教養があるというと、ウンチク好きのオタクみたいなイメージになっちゃうな。
そういうのよりも、社交術や礼儀作法や洗練された文化を身につけているのが教養人というのだろう。
しかし、日本は平等な大衆社会だから、気取ってんじゃねえと言われて教養人は嫌われる。
だから、日本の教養人と言われる人は、ウンチクを言うしかやる事がない。



9 名前:考える名無しさん:2010/10/24(日) 18:12:09 0

階級社会において、上流階級の人々には教養を身に着けることが必要であった。
階級社会では、人間=上流階級の人々だったので、人間には教養が必要だと言われたのである。
教養をつけることで、下流と差異を持たせたわけだ。
日本は階級社会ではなく、平等社会なので教養を身につける必要は無い。
日本で教養人のふりをすれば、鼻持ち成らぬスノッブとして叩かれる。



11 名前:考える名無しさん:2010/10/24(日) 18:33:29 0

>日本は階級社会ではなく、平等社会なので教養を身につける必要は無い。

階級社会の名残はたくさん残っているし、平等なのも表向きだけだね。
まあ平和で平等な社会に見せかけるために内心に醜いもの溜め込んでるだけだろうけどね。



12 名前:教養の無い人間1:2010/10/24(日) 18:39:40 0

下記リンクより

「私、俺、僕、あたし。日本語に一人称を表す言葉が沢山あるのは、一体なぜだろう」と村上龍の小説「イン・ザ・ミソスープ」に書いてあるが、”お金の神様”邱永漢氏はそれは「日本が階級社会だから」だと言っていた。
日本が階級社会だから、相手に合わせて自分の一人称も変えるという慣習ができあがったのではないか、と。
よく日本人は「偉い人にはペコペコして下の人間には威張る」と言われるが、これも日本が階級社会だからでしょう


http://0dt.org/000369.html




13 名前:考える名無しさん:2010/10/24(日) 18:47:21 0

>>12
内面にある差別意識がそうさせているんだよ。
実質的に官僚や財界、警察組織等、エリートがTOPの談合社会なので、
表には出てこなくても下に圧力かける手段には特化している国。



14 名前:考える名無しさん:2010/10/24(日) 18:48:55 0

下っ端が簡単にのし上がれないように巧妙に圧力かけてくるし、
下っ端が調子に乗らない程度に権力関係を築くような仕組みになっている。



15 名前:考える名無しさん:2010/10/24(日) 19:08:49 0

そういうのは、武力と金の所有における格差でしょう。
貴族性、芸術性、高貴さ、品性など文化的なもので人間的な格差が現れているものではない。



21 名前:教養の無い人間1:2010/10/24(日) 23:17:07 0

そう考えると、教養と格差って結構関係が深いみたいですね。



22 名前:考える名無しさん:2010/10/25(月) 01:30:59 0

日本人の教養の平均値はかなり高いよ
おそらく世界で2番目だろうね
ただ、社会的身分の高い人の教養がそれほど突出している訳でもない
教養のばらつきが少ないと感じるな



23 名前:考える名無しさん:2010/10/25(月) 04:39:41 0

一説では、近代に入る前に寺子屋や塾があったから平均が高いと言われている。
また、武士による年貢の取り立てが細かすぎるので、農民が収穫の記録を詳細に記録し、
田畑の面積に合うように計算しながら作業していたので、
農民でも読み書き計算を身につける必用があったからと言われている。
江戸時代の日本は世界的に見ても貧富の差が少ない方の社会だった。
日本の繁栄は、徳川の治世のおかげだろうね。
でも、後進国も早期教育に熱心になってきているから日本の繁栄も続かないね。
人間の脳はどこの国の人もそれほど変わらないだろうから、乳幼児期にしっかり教育すれば、
優秀なのがどこの国でも大勢出てくると思う。



25 名前:考える名無しさん:2010/10/25(月) 08:14:42 O

べつに必要じゃないし
なくてもどうにでもなるよ
夢や希望がなくても生きられるように



26 名前:考える名無しさん:2010/10/25(月) 09:38:14 0

教養を身につけるには幼少期より家庭的に環境が恵まれていなければならない
恵まれてない場合、似非教養人の筒井康隆みたいな人が生産される



27 名前:考える名無しさん:2010/10/25(月) 15:57:22 0

動物的欲望しか知らない人々の浅ましさを見てれば嫌でも教養を身につけたくなる



28 名前:考える名無しさん:2010/10/25(月) 20:40:35 0

一般人に高い教養は必要ないだろう。
文化的生活への欲求が高まり、長時間の退屈な作業に耐えらず社会適応がしにくくなる。
技官、政治家、教育者には高い教養が必要だ。



29 名前:考える名無しさん:2010/10/25(月) 20:44:50 O

それは本能的にも社会の生活上に於いても好かれやすいという比較意識…いわゆる競争原理からなる法則性ですね




30 名前:考える名無しさん:2010/10/27(水) 00:55:37 0

教養のある人間には、ない人間にはわからないより高い次元の楽しみや味わい、見識が人生において
もたらされる。
しかし、教養人であっても多くの人は大多数の俗物の価値観に合わせ、労働・生産・対話をしていかねば
ならない。そこに不幸がある。

この日本の体質がイヤだ。今は学歴や社会的地位あるひとでも大衆的な俗な教養しか持ち合わせて
いないひと多い気がする。それは平等社会だというより画一社会だ。



34 名前:考える名無しさん:2010/10/27(水) 01:21:29 0

田舎でインテリだと疎外感を感じて辛いかもしれないけど、
ネットが発達していけば大丈夫になると思う。
ネット社会に出ても恥ずかしくないくらいの教養がこれから求められるようになるかもしれない。
ネットだと今のところ匿名だから恥ずかしくないけど、匿名性が低い場所もネット上に増えていくだろうし。



35 名前:考える名無しさん:2010/10/27(水) 01:30:39 0

王侯貴族に教養が必要だった理由は、大勢の人と交流する際に、
自分の威厳や魅力を示す必要があったからではないかな。
教養は、様々な時代や地域の人と交流する時に必要になるのだと思う。
日本は均質社会だから、あまり必要なかったのだろう。



37 名前:30:2010/10/27(水) 01:49:41 0

学術以外のもろもろの教養についてはどうか?
貴族や特権階級だけが享受できてた高尚で味わい深い文化を大衆にも開放していこう
ということか?だとすれば大きなお世話だとも思えなくはないな。
それがいつのまにか、大衆文化や嗜好のほうが席巻していったということか。
まあ大衆文化でもいいものいっぱいあるし、両方大事だな。



48 名前:30:2010/10/29(金) 00:38:25 0

みんなが高く深い教養や精神性を備える社会になるとどうなるかな。
アリストテレス的な理想国家は、自由な市民と奴隷がいて成り立つわけで、
ある意味みんななんらか奴隷になっていく部分がある今の市民社会だと
とうてい成り立たないのかな。




49 名前:30:2010/10/29(金) 00:55:09 0

>>48 アリストテレスの勉強もちゃんとしなきゃいかんなあ。なんか不正確だし。
とにかく自由で教養ゆたかで深い精神性もった市民でありたい!
指導者も、同僚や客もみんなそうであってほしい!というぜいたくなぼやきにすぎんのです。
自己批判したところで、お先に失礼します。では。



50 名前:考える名無しさん:2010/10/29(金) 02:04:44 0

残業が常態化してる職場では自由市民的な部分が窒息されかねないよな
教養豊かな生活には余暇が必要不可欠だぜ



53 名前:考える名無しさん:2010/10/29(金) 08:39:49 O

>>50それは企業戦略として残業が必要なればこその都合
都合は教養にも派生するし社会を営む上での暗黙のルールでもある



51 名前:考える名無しさん:2010/10/29(金) 02:37:37 0

教養は豊かな趣味ということではないと思うよ。
理解の限界で段階的に度合いが自然と分かれていくのが教養だと思う。
無理に詰め込むような無駄な知識ではないし、
その意識の元では必要に迫られて培った素養ではないのかな。



52 名前:考える名無しさん:2010/10/29(金) 03:18:46 0

現代で高い教養が最も求められるのが外交官であるように、
教養は、外部の人間と交通することにおいて必用とされるものである。
教養の必要性を実感するには、外国人と接する機会を増やすのが望ましい。



56 名前:考える名無しさん:2010/10/29(金) 18:07:56 0

必要なのは知恵であって知識ではない。
教養は教え養われること。それは知恵であって習い得る知識ではない。

この違いが区別できないから浅い考えだと大人に言われる。



57 名前:考える名無しさん:2010/10/29(金) 18:46:55 O

知識もけっきょくは生活のためだろう
文明も生活に沿って発展性を持つ



58 名前:考える名無しさん:2010/10/29(金) 21:20:42 0

主張や使い方すらしらない知識だけで実効が伴わない奴が増えている現実がそこに。



63 名前:考える名無しさん:2010/10/29(金) 23:35:43 0

日本人は平和ボケ
教養は組織が生き残るための知恵




68 名前:ニート:2010/10/30(土) 03:36:42 O

教養とは良識を持って生きようとする事だろう。


だから良識とは何か組織や集団から離れて独りに為って考える事が出来ないと行けない。



69 名前:考える名無しさん:2010/10/30(土) 06:50:08 0

一部支配層のためのものだった教養が、啓蒙思想と民主主義によって、
民衆も教養を身につけるべきだという時代になった。

近代人として独立自尊を目指せという事だね。
啓蒙思想と民主主義。



70 名前:考える名無しさん:2010/10/30(土) 14:19:36 0

>>69 そのとおり。そして、市民が命がけで闘争してまた理論武装して権利(教養をつける権利も含む)を
獲得してきた経緯のある西欧と比べて、日本は上から一方的に与えられるものと
しか思っておらず、今も意識が低い。近代人として独立した自我など確立してない(さんざんいわれてきてるようだけど、
周り見渡しても同意できる)。これをいうとわがまま、自分勝手、はては給料もらってるんだろうがってことで果てしない
サービス残業(?)や休日出勤(手当なし代休とれず)が繰り広げられる(これは余計か)。
産業レベルがこんなに高いわりに、前近代的な封建的意識に上も下もどっぷりです。なにが教養だばかやろう!です。  



71 名前:考える名無しさん:2010/10/30(土) 14:20:10 0

教養無いほうが幸せかもとか思ったり



72 名前:考える名無しさん:2010/10/30(土) 14:53:57 0

「行って来い」の一言で、特攻隊にだまって行ったのがほんの
半世紀前です。これが日本の国民性です。
また、「きけ、わだつみのこえ」の中での若者たちの声には涙です。。
教養とは、自由とは、豊かさとは、組織の在り方とは。
コミュニズムや社会主義ともちがう、調和のとれた個人と社会でありたいものです。




75 名前:考える名無しさん:2010/10/30(土) 19:25:01 0

教養っていわれると、大学の「一般教養」のイメージ。
あるいは、「教養がない」と言われるのと、「常識がない」と言われるときの差。
その人の知的バックグラウンドのうち、公的な体系に認知されているような部分、
ということかな。
雑学と違うのは体系的なところ。
教養教育=近代国民教育、で、産業社会に相応しい均質な知性を涵養するという点で、
統制的な部分も感じられる。



81 名前:ニート:2010/10/31(日) 03:34:11 O

教えられるままそれを真実としてうけとめる人間しか居ない社会は忌まわしい社会ですよ。


教養とは人間が人間であるための条件です。



82 名前:考える名無しさん:2010/10/31(日) 05:25:45 0

教養は生きていく上では余計なものだから、
何の目的でとか、何の役に立つ立たないという理屈はいろいろ付けられるんだよ。
どの理屈でも合理的に説明しきれない。余計なものだから。
何で音楽なんかやったり聴いたりするのかに近い。



83 名前:考える名無しさん:2010/11/02(火) 00:34:16 O

教養あれば生きやすい
しかし教養に囚われるのは生きるにはいずれ障害となる







関連記事

  • 現代の教養って何だと思う?
  • 趣味がない奴って生きてて楽しいの?
  • 「空気読めない」は新たな共同体感覚か