wallpaper-1191218




1 名前:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/07/26(火) 16:13:10.80 ID:6cVbZdl1P

出版:群大OBら9人が「オー・ヘンリー傑作選」 表現煮詰め、初訳14編 /群馬

◇6年かけ議論重ね メンバー急逝、遺志継ぎ

 庶民の哀歓を短編小説に描いた米国の作家、オー・ヘンリー(1862〜1910)の初訳14編などを収録した
「初訳 新訳オー・ヘンリー傑作選 大平原と大都会の物語」(角川学芸出版)を
群馬大卒業生らによる群馬英米文学談話会が刊行した。
原文の味わいを損なわずに19世紀の米国人の生活や考え方を伝える訳に仕上げたという。【庄司哲也】

 日本では児童文学としてもなじみ深い「賢者の贈り物」、
「最後の一葉」などの作品で知られるオー・ヘンリーは、短編を中心に300編余りの作品を残したが、
国内では全作品の約2割しか翻訳されていない。
その背景として同会は「原文は難解な英語が使われていることが多く、
翻訳で19世紀当時の庶民生活を再現したり、原文に込められた意味を読者に伝えるのが難しいからではないか」とみている。

 今回翻訳に携わったのは9人。6年かけてメンバー同士が議論を重ねながら、
一語一語の表現を煮詰めていった。訳者の一人、岡島誠一郎さんは「オー・ヘンリーの作品には、
誠実、素朴など米国人が理想とする人々が描かれている。
作品の魅力とともに、翻訳を通じ米国人が本来持っているメンタリティーを読者に伝えたかった」と話す。

 翻訳作業が途上にあった09年3月、メンバーの湯澤博さんが病気のため47歳で急逝した。
湯澤さんの担当した「サン・ロザリオでの友情」「グーチ弁護士の仮説」の2編の翻訳はほぼ終わっていたため、
ほかのメンバーが引き継いで完成させた。

 初訳14編のほか、新訳3編を加えた計17編を収録。監訳者の清水武雄・群馬大名誉教授(米国文学)は
「日本では児童文学で知られるオー・ヘンリーだが、実は酒を愛した作家でもある。
『これぞ人生』ともいえる庶民の機微を描いており、大人が楽しめる翻訳に仕上がった」と話している。
全320ページ、定価2400円(税別)。

http://mainichi.jp/area/gunma/news/20110726ddlk10040095000c.html



2 名前:名無しさん@涙目です。(中部地方):2011/07/26(火) 16:13:24.20 ID:SBIGpIGw0

それはない



3 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/26(火) 16:14:32.69 ID:7luq/YAA0

緋弾のアリア

観てるが酷いな…
こんなんでいいのか



44 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 19:12:19.36 ID:R1yZttD00

>>3
あれって禁書みたいなシリアスなギャグアニメじゃないの
4話くらいまで見たけど



4 名前:名無しさん@涙目です。(島根県):2011/07/26(火) 16:14:38.25 ID:xPZ+DYTL0

オーヘンリつまんねえよ



5 名前:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/07/26(火) 16:14:47.32 ID:dcak1sSo0

テッド・チャンとかイーガンみたいな短編SF小説で面白い作家教えろ



92 名前:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/07/26(火) 23:31:05.90 ID:7WPV/cRf0

>>5
短編つーか中編だけど、もう15年くらいマイベストはジョンヴァーリ−
残像もブルーシャンパンもどっちも名著だと思う
せっかくkindle3買ったから原書を買おうと思ったんだが、もう読んだ奴を
読む気にもならないしなぁ


6 名前:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/07/26(火) 16:14:53.90 ID:cxbYVsYQ0

ミニマリズム批判スレ



8 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 16:15:39.26 ID:LGIq9HAR0

カフカさん一択





9 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/07/26(火) 16:15:58.25 ID:DMHUs2J70

シェクリィ、ラファティ、ディック、グレッグイーガン、あたりのSF短編おすすめ。
SF意外だとダール





10 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 16:16:21.57 ID:BGsTlLnv0

魯迅読め



11 名前:名無しさん@涙目です。(広島県):2011/07/26(火) 16:16:40.63 ID:ZG1Tg/Ue0

ホラー小説でいいのおしえろよ
貴志以外で



12 名前:名無しさん@涙目です。(新潟県):2011/07/26(火) 16:16:50.08 ID:QYKYFhre0

貴族趣味のエリートν速民ならサキ一択だろ





13 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/26(火) 16:17:15.28 ID:K+j7XPzy0

異色作家短編集よめばいい





14 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/07/26(火) 16:17:37.44 ID:9uWINdMK0

おk
まぶらほ読んでくる





15 名前:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/26(火) 16:18:04.61 ID:AoumMN2ki

(´・ω・`)俺が最高のラノベを書いてやんよ!



16 名前:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/07/26(火) 16:18:37.09 ID:UpqqINjT0

星新一は基本だな





17 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 16:21:51.74 ID:ajeZ+zQRP

うちの親父が星新一と小松左京ファンだったので
星新一の〇〇買ってくるって言うと小遣いくれたので
星新一のSSは全部読んでると思う



19 名前:名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区):2011/07/26(火) 16:25:36.54 ID:4PDciXi5O

正直ベストセラーになって賞取ってるそこいらの作家に比べても
星新一のほうが遥かに面白い



18 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/07/26(火) 16:22:43.06 ID:kcmtHypv0

ジョージオーウェルいいよね





20 名前:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/07/26(火) 16:26:21.56 ID:9f7nHfPk0

サキの短編集とかブラットベリの短編は好きだ



21 名前:名無しさん@涙目です。(岩手県):2011/07/26(火) 16:27:56.41 ID:om3JbPMj0

阿刀田高とフレデリック・ブラウンは捗る
サキはびみょー





22 名前:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/26(火) 16:29:14.35 ID:5otpsiXB0

チェーホフ、ツルゲーネフ、国木田独歩おすすめ





23 名前:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/07/26(火) 16:29:16.96 ID:8Logt1Hk0

お前らみたいな俗物には星とか筒井とかSF系のくだらんのが好みだろうな
おれのような高尚な人間はチェーホフとかドストエフスキーとかトルストイの短編、詩、ニーチェやきみたちが知らない哲学者のアフォリズムを好む



24 名前:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/26(火) 16:29:21.89 ID:4y9LHYYT0

子供から大人まで楽しめる芥川龍之介





25 名前:名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/07/26(火) 16:32:30.14 ID:2V42QJ/60

宮崎賢治とか?



26 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/07/26(火) 16:33:41.26 ID:UqM0yy0p0

>>25
誰それ



30 名前:名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/07/26(火) 16:38:34.57 ID:2V42QJ/60

>>26
誰やろ?



27 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/26(火) 16:34:20.43 ID:VXwHg+vB0

青空文庫はいいぞ
いろいろ捗るぞ



28 名前:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/07/26(火) 16:37:02.21 ID:hPEk3vIM0

青空文庫の海野十三は面白かった。あの時代にSF書くとか変人すぎ。



29 名前:名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/07/26(火) 16:37:16.29 ID:Ncj39JXc0

北村宮部の名短編シリーズでおk





31 名前:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/07/26(火) 16:39:57.53 ID:cxbYVsYQ0

分かっちゃいたがやはり空気なアメリカ文学
短編多いのに



32 名前:名無しさん@涙目です。(新潟・東北):2011/07/26(火) 16:43:17.21 ID:WTq54tDYO

志賀直哉一択





33 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 16:51:01.34 ID:AJ9wvzAz0

警官と讃美歌





34 名前:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/26(火) 16:54:21.49 ID:0Bp4SHYz0

サキスレ



35 名前:名無しさん@涙目です。(東海):2011/07/26(火) 17:13:37.49 ID:GWBMz2JYO

中島敦ェ……
どうして沙悟浄シリーズ書く前に……



38 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/26(火) 17:39:46.51 ID:QKEzTijm0

>>35
北方行と同じような結論になっただろうな
ただ北方行も完結してないけど



36 名前:名無しさん@涙目です。(山形県):2011/07/26(火) 17:38:16.78 ID:FLYvNosZ0

エヌ氏がうんたらかんたら



39 名前:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/07/26(火) 17:40:28.21 ID:O7K6OjAD0

星新一の話って似たようなのが多くて人と喋るときに
「いやちがうよ」「え?そんな話だっけ?」ってなることが多いな



40 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/07/26(火) 17:41:47.28 ID:LcxzRVpu0

ブコウスキーとか流行ったよね





41 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/26(火) 18:12:12.27 ID:07MTieGV0

最近の小説家なら米澤の儚い羊たちの祝宴が面白かった





42 名前:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/07/26(火) 18:17:23.32 ID:dcak1sSo0

短編小説はヘミングウェイが至高





43 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 19:11:26.24 ID:vod5CAOf0

短編てなんかあっさりしすぎてんだよな
読んだ気がしない



45 名前:名無しさん@涙目です。(鹿児島県):2011/07/26(火) 19:13:07.73 ID:outjqnO30

美容室のお姉さんが乙一面白いですよ〜って言うから
ZOOっての買ったら読後感悪いことこの上ないぞ!もう読まねぇ!





46 名前:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/07/26(火) 19:14:14.27 ID:Gbxwyjlu0

村上春樹は短編のほうが面白いよね





47 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 19:15:45.41 ID:k6RzaDPQ0

サスペンスは東野圭吾一択だな





48 名前:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/26(火) 19:36:19.93 ID:WBsscyOX0

星新一の小説をテキストにして、読み上げソフトに朗読させたのを聴きながら寝てる。



49 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 20:36:13.06 ID:BWPMKv9q0

SFならシェクリイ、ブラウン、ブラッドベリ

非SFならサキ





50 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 20:37:05.11 ID:qh54Mhmo0

星新一と筒井康隆は基本





58 名前:名無しさん@涙目です。(東海):2011/07/26(火) 20:56:23.42 ID:GWBMz2JYO

>>50
ヨッパ谷への降下とか面白かったなあ





51 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 20:45:18.42 ID:vod5CAOf0

あ、00年代SF傑作選の俺はミサイルって短編は秀逸だった
彼はなんでラノベなんて書いてんだろ

あと島田荘司の御手洗シリーズで数字錠が入った短編集は好きだったな
今読んでもつまらなそうだけど





52 名前:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/07/26(火) 20:45:35.48 ID:9f7nHfPk0

ああ、あと内田百里侶錙覆だん)とかサラサーテの盤とか好きだな





62 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 21:20:41.50 ID:pN2EH0Ow0

青空文庫でいい短編無いかね
ミステリかホラーがいいんだけど

>>52
内田百里討泙醒作権切れてなかったよな
そろそろだと思うんだけど



63 名前:名無しさん@涙目です。(長野県):2011/07/26(火) 21:30:15.67 ID:ZgIkWbPm0

星新一は疲れてて重いの読みたくないって時に最高だな
あとは芥川に江戸川乱歩、中島敦
城昌幸、内田百痢E井康隆もいい。
小説じゃないけど今昔物語集や宇治拾遺も短くて良い。
川端康成の「掌の小説」は出来不出来が激しい。
>>62
渡辺温がお勧め。一応ミステリの範囲かな。
海野十三と、有名だけど夢野久作なんかも。
怪談なら岡本綺堂か田中貢太郎読んどけ。

海外ならロアルド・ダールのブラックユーモア短編や
フレデリック・ブラウン、ブラッドベリ、アンブローズ・ビアス。
中国なら聊斎志異とか。



54 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/26(火) 20:49:08.83 ID:1tx3YaQW0

芥川の初期短編でいいんじゃね?

うますぎるし面白い。



55 名前:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/26(火) 20:49:14.26 ID:emuqSk480

逆に短編小説で通用するラノベってあるの?



65 名前:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/26(火) 21:54:55.63 ID:X2RzDBxr0

>>55
有名どこだとキノとかかな



56 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/07/26(火) 20:52:30.00 ID:4Mw1gxhP0

最近短編読まなくなった
たまに坂口安吾読み直すぐらいだな



57 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/26(火) 20:54:38.66 ID:HMYYC5Ra0

ついてるファンが上から目線でうるせージャンルのものに
新しい人はなかなか入って来ねーよな。来ねーというか来れねーというか



60 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/26(火) 21:02:49.49 ID:ZtV8X8Xg0

長編はハードルが高いとか言う奴まじ意味不明だよね
どう考えても短編の方がだるいだろ
読み終える度に一々また次の新しい世界に入っていかなくてはいけないわけだし
長編なら一度入ってしまえばしばらく出なくて済むんだからよっぽど楽



61 名前:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/07/26(火) 21:09:28.48 ID:kkp2wBCt0

ジャック・リッチーが好きだ





64 名前:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/07/26(火) 21:51:31.80 ID:RrdxwfOs0

エラリィ・クイーンは短編集も好きだな



69 名前:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/07/26(火) 22:15:44.81 ID:WNqVV+pS0

モーパッサンとかドーデとか





70 名前:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/07/26(火) 22:15:53.86 ID:lBRxr5jw0

オーヘンリーだと緑の扉が好きだな



72 名前:名無しさん@涙目です。(山口県):2011/07/26(火) 22:18:24.77 ID:7CUarnai0

宮本輝





74 名前:名無しさん@涙目です。(広島県):2011/07/26(火) 22:27:25.62 ID:MxyoYpoy0

ここまで多島斗志之がないとか嘘だろ…

少年たちのおだやかな日々 ぐらいは読んどけよ。
ゾクゾクする短編集で最高だぞ。





75 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/26(火) 22:31:55.29 ID:X7n2tnPa0

国語の教科書に乗ってたのが まだ記憶のかたすみにある。
猿に帽子を取られて マストの先から飛びこむ話
蝶の標本を盗んで ポケットの中でバラバラになっちまう話
ノルウェーの少年駅伝夫
金貨を盗んで 水にひたして油でばれちまう話
おさななじみに久しぶりに会ったら すっかり老けこんでて 「ぼっちゃま」という言葉に
愕然とする話
トロッコを押して 遠くまで行って帰りは ひとりで帰る話

断片だけど。



76 名前:名無しさん@涙目です。(東海・関東):2011/07/26(火) 22:37:58.85 ID:xe7nasHbO

厨房の頃に、ショートショートの広場読んで、短編にハマる流れが王道だろ



77 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/26(火) 22:38:02.18 ID:4cxiRDxk0

人間革命を読め。





78 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/26(火) 22:48:36.35 ID:uuVnCwg40

人間革命は努力したいときには良い本だけど
過労で死にそう
実際に近所のおばちゃんがポックリいってたし



79 名前:名無しさん@涙目です。(西日本):2011/07/26(火) 22:50:45.80 ID:GytylqC+0

短編SFでも読むかーと思って、天体の回転についてってのを読んだら
見事に作者の表紙詐欺にやられた





80 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/07/26(火) 22:52:09.51 ID:38lxKVeg0

あえて童話や寓話を読むと滅茶苦茶面白いんだよ!



81 名前:名無しさん@涙目です。(広島県):2011/07/26(火) 22:56:17.86 ID:sHQlStSB0

ガリレオシリーズとかでいい
疲れないし



82 名前:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/07/26(火) 22:57:53.10 ID:Pu0NGNNf0

ヘンリの金庫破りの達人の話、タイトルなんだっけ
あのイカした話



84 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/26(火) 23:14:11.69 ID:2oALvvK40

>>82
「よみがえった改心」A Retrieved Reformation
この話って格好良すぎてパクられまくってるよな
しかも大抵クサくしすぎて超劣化





89 名前:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/07/26(火) 23:25:40.74 ID:Pu0NGNNf0

>>84
おおこれだよこれ
ありがとお



83 名前:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/07/26(火) 23:07:31.56 ID:gxZw8nY70

古典中の古典だがエドガー・アラン・ポーは面白いぞ





85 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 23:17:03.01 ID:H4ex/Z+a0

小説なんて、どうせ完璧超人の有能ヤリマンが男を見下しつつセックスする話だろ
くだらない



86 名前:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/07/26(火) 23:19:35.30 ID:Bu5sSLXN0

予想通り星新一がでてて安心した。



87 名前:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/07/26(火) 23:20:04.43 ID:OAmKsThk0

太宰は随筆のほうが面白い



88 名前:名無しさん@涙目です。(岩手県):2011/07/26(火) 23:24:28.74 ID:KjkpJQgz0

ラノベは読んだことないが最近の格ゲでブレイブルーとアルカナハートってゲーム
やってみたんだけどストーリーや名前やらキャラが青臭いほどの中二病(萌え豚御用達)設定だったんだが
あそこまで突き抜けてる設定のラノベってあるの?蓮コラと同じで一週間程寒気と嫌気が抜けなかったんだが



90 名前:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/07/26(火) 23:26:53.16 ID:fIOcMS3J0

江戸川乱歩は短編しか読んだことないけどシリーズものも面白いの?





91 名前:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/07/26(火) 23:28:10.96 ID:7WPV/cRf0

新潮文庫のヘミングウェイ全短編の高見浩の訳は本当に素晴らしいと思う





93 名前:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/07/26(火) 23:46:10.58 ID:kkp2wBCt0

デルモア・シュウォーツの「夢で責任が始まる」はすごい短編だった
読んだあとあんなに心がヒリヒリする感覚を味わったことはない



67 名前:名無しさん@涙目です。(長野県):2011/07/26(火) 22:09:58.52 ID:U465j+pp0

星新一のおかげで短編と聞くと2〜3ページで終わるもんだと思ってしまう







関連記事

  • 小説まったく読まないんだが 初心者におすすめの小説教えろ
  • 読書の秋だが、この本読んでるのは俺だけだろ?
  • 太宰治といえば